春の神山案内・1万6000本の花が咲く「梅の里・阿川」

こんにちは。スタッフの東條です。

冬の寒さが懐かしくなるような暖かい日が続いていますね。

春が一番好きなわたしはウキウキしているこの頃です。


春の神山といえば「しだれ桜」が有名ですが、わたしが住んでいる阿川地区は「梅の里」と呼ばれる梅の名所。

約30ヘクタールの山肌に1万6000本もの梅の樹が育てられていて、この時期になると一面はピンク色に。あたりは梅の花の良い香りがふんわりと漂い、阿川地区が賑わいを見せる時期です。
今年は10日ほど開花が早く、ちょうど今週末〜来週にかけてが見頃となりそうなので、今回ご案内させていただきます^^

まず、梅の里への入り口で迎えてくれるのはしだれ梅。こちらは観賞用の花梅で、町を離れた持ち主が管理できなくなった土地に、地元有志で植えてお世話をしているそう小ぶりながらも赤・白・ピンクと色とりどりの可愛らしい花が目を楽しませてくれます。

ここから道なりに3キロほど上がっていくと、南斜面に広がる梅林が。
山肌の緑と昔ながらの家との梅景色にうっとり。そばを歩くたびに漂う梅の優しい香りに本当に癒されます。

実は徳島県下一の梅の産地でもある阿川地区。鶯宿(おうしゅく)梅を中心に、白梅、南高梅、林州など様々な種類の梅が育てられています。

戦前からの非常食としての漬梅用として、町内全土に栽植されていた梅。戦後の経済成長時に起こった梅酒ブームでは神山の青梅が「青いダイヤ」と称されたことも。

今では加工品である昔ながらの梅干しが「神山ルビー」という名で、町の特産品として販売されています。

春に山を彩り、初夏に実をつけ、目と鼻と口をめいいっぱい楽しませてくれる梅。
暖かい季節のはじまりをよりワクワクさせてくれる存在です。

まわりの自然とともにある神山の暮らし。
不安なことは続くけれど、自然の美しさ、強さに勇気づけられます。

例年行なわれている梅まつりのイベントは残念ながら中止となりましたが、お花見はご自由にご覧いただけます。

またこれから菜の花に桜と賑わいをみせる神山の様子をInstagramtwitterでお届けしていきます。そちらでも神山の春をお楽しみいただけたら嬉しいです^^

続きを読む →

新店舗情報!最初の大工事のあとの虹

こんにちは。
例年よりも開花の早い梅や桃、時折吹く風の変化に、春が近づいてきていることを感じます。

移転先には、ラッキーなことに若い桜の木が植樹されており、今年の開花とともにこれから成長していく桜と新店舗を重ね合わせ、たのしい夢想が膨らむ今日この頃。


今日は、そんな今が一番楽しい段階?の新店舗情報として大改装中の様子をお伝えします!


                         
改装前の建物


ただいま絶賛工事中。窓が開きました!

 

年始の目標にも書いた、今の3坪のショップからの移転の目的。

それは、

落ち着いてしずくの世界を楽しんでいただけること
しずくの器を体感していただけること です。


移転先は、もともと魚屋さんのカラオケ好きが高じて作られた、
「ステージ若草」というカラオケスナックの建物を改装させて頂いています。
防音=窓がない=真っ暗なわけです。


最初の難関は、その真っ暗な部屋を明るい空間に変えること。
神山のメインロード沿いでありながら、高台に位置する立地と、
神山で育った杉を使った商品を楽しむならば、
自然の光をたっぷり取り入れるための変更は必須。


腹を括って、壁を抜き大きな大きな窓を作りました。

   改装前の内観。防音設備を活かし、音楽イベントの場として利用されていた。
 

改装中の内観。窓が開き、明るい光が差し込むように。


古い建物を改装するのは、新しい建物を立てるよりも大変

今回の物件も例外ではありません。
大掛かりな工事の末に、その大きな窓から見えた虹
窓が入ったお祝いをしてくれたような、この工事を応援してくれているような、
そんな嬉しい天からのギフトもありました。



窓の開通はほんの序章、今日も絶賛工事中です。
どんな空間になるのか、みなさんも楽しみにしていてくださいね〜!

続きを読む →

人気ランキング公開!2021年春のお祝いシーズン。あなたは何を選びますか?

こんにちは、スタッフの東條です。

日も少しずつ長くなり、春を思わせる暖かさを感じるようになってきましたね。
神山では蝋梅が満開を迎え、梅も咲き始めています。

自然も人も生き生きと沸き立つ春。この時期は卒業や異動、退職、そして新生活スタートと、節目を迎える方も多く、門出を祝うお祝いの品でSHIZQを選んでいただくことが一番多い季節です。

自分ではなかなか勇気のいる価格だからこそ「本人に希望を聞いたら、SHIZQが欲しい!と言われたので選びにきました。」なんて、嬉しい声も。そんなこの時期こそ参考にしてほしい、春のお祝いシーン別人気商品ランキングをご紹介します。


「部署のみんなで折半だから、SHIZQを贈りませんか?」と同僚にプッシュしていただいてのご注文が多いです。最近の男女ともに人気の高い「鶴 ロックグラス」。保温性を生かした厚めの仕上がりでお酒のシーンはもちろん、コーヒーやお茶などホッと息つく時間にもぴったり。拭き漆を贅沢に重ねた「亀八ロックグラス」もお世話になった方への贈り物に人気です。

 

年輪を重ねるペアの食器は、これからの長い時を一緒に重ねていくカップルにぴったり。同じサイズでもひとつひとつ個性があるから、ご夫婦の個性と合わさり、より一層愛着が湧くそう。定番の「鶴 カップ」、女性ファンの多い「鶴 汁椀」が人気です◎お酒好きのカップルには「亀八 ぐい呑み」もおすすめです^^

 

これまでの素晴らしい人生をお祝いするお誕生日。中でも還暦や米寿・喜寿など、ご長寿のお祝いに選ばれる事が多い「亀八 タンブラー」。拭き漆仕上げの美しい年輪は、使うほどに風合いが増していきます。これからの時を一緒に歩んでくれるとっておきの贈り物です。

______________

 

贈られた方が本当に喜ぶプレゼント。なかなか難しい課題ではありますが、たくさんの方から「喜んでもらえました」と嬉しいお声をいただき少しずつ自信がついてきたSHIZQのギフト。


現在、おかげさまでギフト需要のお声がけを多くいただき、品切れ商品がございます。

ご紹介した「鶴タンブラー」は3月下旬、「鶴ロックグラス」は4月上旬のお届け予定にて予約販売をしております。
職人1人での製作のため、お手数をおかけいたしますが、ご希望の方はお早めにご検討いただければ幸いです。

 

また、SHIZQブランドを贈答でご利用頂く方のために「ネットで注文したとき、どんな感じで届くの?編」動画も公開中です。

 

ぜひSHIZQが届いたときの疑似体験をしてみてください^^

続きを読む →

想いを繋ぐものづくり、2021製材・伐採編。

こんにちは、スタッフの佐坂です。

まだ雪がちらつく日もある神山、そんなキーンと冷える時期にしずくでは年に一度の大仕事があります。
SHIZQの器の要、「伐採&製材作業」です。

私は今年で去年に引き続き2回目の作業。

今回も神山で製材業を営んでいる金泉製材のご家族のご協力のもとしずくメンバーフル動員で挑みました。

伐採に向かっているとき、金泉さんとお話しをしていると「神山の山は杉だらけになっているけど、自分はむやみに木を切るのではなく、本当に必要とされている木を切るようにしている」それを聞いて、ハッとしました。

杉をどんどん活用し、山肌にたくさん光が届くようにと、いつもそう思っていましたが、それだけではない。私たちが頂いている杉も金泉さんのおじいさまの代に植樹され、大切に育てられたもの。

命をいただいたからには、新しい命を繋げる使命があると強く思いました。

無事に伐採を終え、皮むきをし、いよいよ製材作業!

製材する木材の長さを固定するため、治具を取り付けます。
治具がしっかり止まっていないと、長さがバラバラになり後々の器作りに影響するので、大切な作業です。スタッフの東條、教えてもらいながら、しっかり固定できました。

そして今年も「木取り」は職人の藤本が担当しました。
一本の丸太から、どれだけの製品が取れるかをイメージし、切り方を決めていきます
しずくの器は、杉を伐採してから約2年後に完成するので、2年後の生産計画をする必要があり、木取りはとっても難しく且つ重要なところです。

また赤と白のツートンカラーが美しく見えるように切り取っていかなくてはいけないので、そこも計算しながら製材していきます。

今年の木取り図面

藤本の指示の通りに製材されていく杉材

そして今年も主任渡邉のフォークリフトが大活躍!製材していく丸太や、角材を必要な場所へ自由自在に運んでいきます。

製材作業も毎年知恵を絞り、ここはこっちのほうが効率的だね、こうした方が後々の作業が楽だねなど、スタッフみんなで最善の案を考えます
このような小さい気付きや積み重ねが、また来年以降の製材作業に活かされていくのでとっても大切な話し合いです。

そして今年は私チェーンソーに初挑戦しました
ずっと会社員でデスクワークをしてきた私にとって一番縁遠いいものでした(笑)
始めはなんだかとても恐ろしく、体がバキバキに硬くなりその体制でカットしてしまい切り口が斜めに。。
見兼ねた主任渡邉に「腰落としてやってみて〜」と体の使い方や力の入れ方をもう一度、横について教えてもらい、だんだんと真っ直ぐにカット出来るようになりました。
まだまだ上手く使いこなすとまではいきませんが、無事にチェーンソーデビューを果たしたので、これからは積極的に触れていきたいと思います!

製材した角材は、何に使うか分かるように木取り図面に沿って、印をつけパレットに収納していきます。ここからはまた割れ止め塗りをしていくので、別の場所に運んでいきます。

これでやっと丸一日の製材作業が終了しました!

昨年も感じましたが、この「伐採・製材作業」を体感すると、SHIZQの器たちを生み出してくれている自然の恩恵に感謝すると共に、長い年月をかけて作り上げる美しい木目に惚れ惚れします。

木が長生きできるのは、動物のように全体の細胞を入れ替えているからではなく、生きている部分は少なく死んでしまった細胞をうまく使い、骨のように体を支えているからだそうです。木は動かない一生を選んだことで、長生きできる体を手に入れた。それを知ると杉の生命力に圧倒されます。

冒頭の金泉さんの言葉を想うと、無駄な木なんてひとつもない。
今まだ神山の山は杉だらけで、需要も少なく杉の価値は低いものかもしれません。

価値をつける基準は人それぞれですが、私にとってこの美しさは改めて何にも代え難いものだなと思いました。

この美しい杉たちが、また2年後、SHIZQの器となって生まれ変わるのを見るのが今からわくわくしています。

 

続きを読む →